飲酒運転根絶キャンペーン実施中!!


少しのお酒でも、車の運転には大きな影響があります。

 動作が大きくなり、雑になる → アクセル・ブレーキなどの操作が遅れる   

 
 体の平衡感覚が狂う → 走行車線をキープできない

 集中力がにぶる、視野が狭くなる → 信号や標識、歩行者などを見落とす

 
気が大きくなる(理性・自制心の低下) → 酒運転でも事故を起こさないだろうと錯覚する




飲酒運転には厳罰が科せられます。

 酒酔い運転

    罰則  5年以下の懲役または100万円以下の罰金

   違反点 35点→免許取消し 



 酒気帯び運転  

    罰則  3年以下の懲役または50万円以下の罰金

   違反点 25点
(0.25r以上)→免許取消し 13点(0.15以上0.25r未満)→免許停止

                                ※(  )内の数値は呼気1リットル中のアルコール濃度
 

 車両提供の禁止 

 
    酒酔い運転の場合

     罰則  5年以下の懲役または100万円以下の罰金

   酒気帯び運転の場合
   
  罰則  3年以下の懲役または50万円以下の罰金          


 酒類提供の禁止  

    酒酔い運転の場合

  
   罰則  3年以下の懲役または50万円以下の罰金

   酒気帯び運転の場合
   
  罰則  2年以下の懲役または30万円以下の罰金  


 同乗の禁止  

    酒酔い運転の場合

     罰則  3年以下の懲役または50万円以下の罰金

   酒気帯び運転の場合 
     罰則  2年以下の懲役または30万円以下の罰金 









飲酒運転根絶に向けて


事業所などでは、飲酒運転根絶宣言や運転前のアルコールチェックなど、職場ぐるみの防止対策をお願いします。

事前に飲酒することが分かっている場所へは
車で行かない、行かせない。

飲むなら運転しない・させない、運転するなら飲まない、飲ませないを合言葉に、飲酒運転を許さない環境づくりを。





予定外の飲酒をすることになった場合には・・・

タクシーや公共交通機関を利用する

運転代行やタクシー代行を利用する

ホテルなどに宿泊する

あらかじめハンドルキーパー(飲まない運転役)を決めておく



                                                 

一人一人の心がけで飲酒運転を根絶しましょう