https://safety110.jp/_sys

お問い合わせ

会長挨拶

一般財団法人 北海道交通安全協会
会長  大槻 博

 北海道交通安全協会は、北海道内において交通安全思想の普及及び交通安全活動、交通の安全に関する各種資料の刊行、交通安全表彰の実施等の事業を行い、もって交通の安全と円滑に寄与することを目的として、昭和30年に北海道知事から財団法人の設立認可を受け、全道的に交通安全活動を推進している法人です。(平成25年4月1日に「一般財団法人北海道交通安全協会」に移行しました。)

 私たちの暮らす北海道では、昭和46年には、889人もの方々が交通事故によって亡くなられていましたが、官民が一体となった地道な交通安全活動等により、平成30年には141人と戦後最も少ない死者数まで減少しました。
これはひとえに長い間、交通事故抑止に取り組んでこられた多くの道民の皆様の努力の賜であり、そのご労苦に敬意を表する次第であります。

 しかしながら、まだまだ、多数の方の尊い命が交通事故の犠牲となっている現状に鑑みますと、交通事故は道民一人ひとりの身近にいつでも起こりうる大きな悲劇であり、近年の減少傾向に決して楽観することなく、その減少に継続的に取り組んでいかなければならないと考えております。

 私たち北海道交通安全協会は、「交通事故のない安全で安心な北海道」の実現に向け、今後とも交通安全思想の普及や各種交通安全活動を強力に推進して参りますので、道民の皆様のご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

ページのトップへ戻る